« 鶴ヶ島市の支援活動 | トップページ | お弁当箱 »

2011/03/23

元気なひと

被災地の情報を目にする度に、悲しい気持ちになり
元気に明るい過ごし方は、なんだかイケナイ気がしてました。

だけど 被災地の方々に比べて、ワタシは格段に元気で。

元気ないひとも頑張ってるんだから
元気あるワタシは、元気にがんばろう!
外食やお買い物も、今まで通りすることが大事。
働く人を豊かにするために、縮小せずに消費しましょう ^^*

今日のお弁当です。

2011033_2

*雑穀ごはんと梅干し
*魚肉ソーセージと玉ねぎのケチャップ炒め
*人参と蒸し鶏の塩和え
*カボチャのソテー
*はんぺんのバターしょうゆ焼き
*りんご

20110323_1

どんな時でも
ただ、花は咲く。

ってコトですね ^^

« 鶴ヶ島市の支援活動 | トップページ | お弁当箱 »

コメント

ポニィさんのコメントを読んで
たくさん、たくさん、考えていたんだろうな…と感じました。
やっぱり、ポニィさんってあったかいなぁって。。

ツラいことや悲しい気持ちって言いにくいですけど
こうして表に出してみると
そうそう!私もツラかった!と思うひとがたくさんいて
共感することで救われたり、元気になると思うんです。
私もポニィさんに共感して、元気もらいました

元気が無いと助けにも行けないですもん!
がんばろー ^^

被災地で、必死に涙をこらえてるひとがいるのに
私たちの方が泣いてちゃイカンですよね ^^

ほんと、家では何もできないですけど
外に出たら何か役に立つことが見つかるかもしれない!

前よりも、日本人がよくなってきた気もします

私も地震の日以来、自分がどうすればいいのかわからず
暗い気持ちのまま過ごしていました。
テレビで被災地の状況を見ては泣いて・・・
関東の方は計画停電などで不便な生活をしていらっしゃる。
原発の付近の人たちは放射能におびえている・・・

関西に住んでる私は今までとなんら変わりない生活を今も続けていて
普通にごはんを食べる事も、お風呂に入る事も、
あたたかい布団で寝る事にも後ろめたい気持ちでいっぱいでした。
自分だけが楽をしてるような、ずるいような気さえしてました。

けど違うんですよね。
むやみに暗くなってふさぎこんでてもしかたない。
日本中みんなが前向きになってやっていかないとどうしようもないんですもんね!

被災地の人たちが今までのような平穏な生活に戻れるまで何年かかるか
わからないけど、私も出来る限り募金などをして役に立ちたいです。

そして今までと同じように私は私の生活をしっかり続けて行こう、
そう思いました。

こんばんは。
本当にそうです。被害のない私たちは一緒になって悲しんでいてはいけない。
外に出て、いろんな人と話してそう思い直しました。
元気な人は普段通り生活して、経済を回していかなきゃ!
家に籠ってTVばっかり見ているとよくないですね。
今、どこにでも置いてある募金箱にお札も目立ちます。
関西の人間も、対岸の火事だと思わず、東北の人たちを支援する気持ちを目の当たりにする今日この頃です

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鶴ヶ島市の支援活動 | トップページ | お弁当箱 »

フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ